「妊娠兆候はいつから?」生理1週前から現れる妊娠超初期症状をまとめたよ!

妊娠超初期症状に出現する体のサイン
The following two tabs change content below.

40まま

『仕事と育児を両立する2歳児のママ。毎日キラキラ生きてます!』と言いたいところですが、現実はキラキラのキの字も見えません。保育士のナニー様に支えられながら、何とか人の母として生息中。『高齢ならではの妊娠や育児に関する悩みをスッキリ解消できる記事』を心がけながら、非常にのんびり記事を書いております。

おっぱいが痛い、何だかムカムカする、以上に眠くてだるい、、「ふふ、妊娠したかもな。。」とワクワクしてるところに、生理が来てしまってがっくり無気力。こんな事を私は一体何度経験したんでしょう!?
結論からいいますが、私は「妊娠した!」と思った時は悲しい事に必ず想像妊娠に終わり、本当に妊娠が発覚した時は、「妊娠した!」と思った時のような明確な体のサインはありませんでした。私の周囲のママ友も、妊娠3ヶ月ぐらいまで気づかなかったというのはよく聞く話ですから、今日このブログでご紹介します、妊娠兆候として現れる妊娠超初期症状の数々、全く無いからといっても油断大敵、妊娠している可能性は十分にあるので、妊活中の女性は生理が来るまでは気を抜かないように生活してくださいね!

そもそも妊娠兆候って、いつから出てくるもの?

「妊娠兆候が出るのは着床後からです。着床後から生理予定日の1週間後までに現れる症状を妊娠超初期症状といいます。」

実に一言でいいますならば、こういう感じなのですが、「??着床っていつだよ!?」という過去の私のような方にむけてとってもわかりやすく、妊娠の仕組みなるものを手始めに説明させて頂きたいと思います!

私、いつから妊婦なの?妊娠の仕組みとは?

1.生理開始から14日目頃:卵巣から卵が飛び出す「排卵」が起こる

女性の体には卵巣が2つありますが、毎月「卵胞」という、卵の元なる細胞が育てられています。卵胞は沢山あるのですが、そのうちの1つが卵子となり、卵巣の壁を破り外に飛び出します。この外に飛び出す事を「排卵」とよぶんですね。敏感な女性ですと、この壁を破る時に「痛み」を感じたりホルモンが崩れて頭痛を感じたりします。私も実は排卵痛があるタイプでして、生理後2週間後ぐらいから下っ腹がちくちくと痛みます。

2.卵子に精子が潜り込む「受精」が起こる

卵子は卵巣を飛び出して「やるわよ!やるわよ!あたい、精子と会ったるわよ!」とずんずん卵管を突き進んでゆきます。そして厳密にいいますと卵管膨大部という小難しい部分で、すでに待ち受けている精子と出会うんですね。

ちなみにこの精子の数にもびっくりで、旦那の一回の精液には、1億から4億の精子がいるらしいのですが、この卵管移動中に99%は死滅。最終的に卵管膨大部まで辿り着いたラッキー精子はなんと200個以下にも減ってしまうんです。

この200精子は「おりゃー、卵子にアタックしたるでー!」と卵子に猛烈にアタックしますが(妄想)、その中で上手く卵子の中に潜り込めるのは、何と1匹。荒波をかき分け潜り込んできた精子の存在に気づいた卵子は、

「あたしの殻をやぶって、来てくれるって、信じてたわ。。。あたいはあんたに操を捧げる。。。」

と卵子はすかさず自分にバリアを張って他に侵入しようとする精子をシャットダウンするんです。操をたてただけあって、硬派です!
これを持って、卵子はめでたく受精卵(精子を抱えた卵子)となりこれが赤ちゃんの一番最初の形態となるわけなんですね。

精子と卵子が出会う瞬間とは、まさに奇跡の瞬間!こんなの目の前でみたら、泣いちゃいますよ。いや、そういえば、私は本当に泣きました。あるんです、この瞬間をドラマチックに再現したビデオがあるんですよ!

The Miracle of Life(生命の奇跡)と題された、排卵、受精、子宮内での胎児の成長の一過程をドラマチックにまとめてくれてるビデオなのですが、涙ナシには見れない代物。私は妊婦の時にママ友に、「これ感動だよー」と勧められ、なんと12分もの長さでしたから、暇つぶし程度にパスタ食べながら片手間に視聴してましたところ、バッタバッタと死滅していく精子達の中から、勇敢にもとうとう1匹の精子が卵子に潜り込んだ、その瞬間を見た時に、オウッと胸から込み上げる嗚咽でパスタが鼻から飛び出す寸前でした。まだ見たこと無い方は、どうぞお暇な時にみてみてくださいまし。妊娠の仕組みがしっかりと学べます。

精子の寿命は3日程度、卵子の寿命は1日ですから、排卵してから24時間以内が勝負。この仕組みをしっかりと理解していれば、排卵の1日前に仕込みをして、卵管に精子を待ち構えさせている状態で排卵する(卵子を精子に会わせる)、というのが一番妊娠しやすいシナリオだということがわかりますよね!

ポイント:妊娠したいならば、排卵1日前に仕込みセックスをするべし!

3.生理開始から21日目頃:受精卵が着床する

受精卵は、2細胞、4細胞、8細胞、桑実胚へと次々に細胞分裂を繰り返しながら、次なるターゲット、受精卵が赤ちゃんとして成長する部屋=子宮へめがけてどんどこ転がって行きます。子宮内部に到達した受精卵が子宮の内膜にぐいっと潜り込む事を着床といいます。

この着床の瞬間こそがあなたが妊婦となった瞬間だといえます。

「おお、今着床しおったな!」とわかる女性はなかなかいないでしょうけれど、「サイン」を感じた周囲のママ友の話はよく聞きます。このサインが着床出血。着床出血については、後程、「妊娠超初期の代表的症状!着床出血」の項目で詳しく説明しますね。

受精卵が子宮内にたどり着き、着床するまでの期間は、個人差もありまして4日間~10日間かかると言われていますから、例えば4月1日に生理が開始して14日に排卵&受精したとすると4月の18日~22日ぐらいの間に着床している可能性が十分にあるという事ですね。

「この排卵後から着床までの間(生理2週間後から3週間にかけて)の生活の仕方で着床出来るかどうかが決まるんじゃないか、、、」

と思って私は毎回ハラハラ、それこそ禁酒や受精卵が着床するイメトレに時間を費やしたりしてましたが、実際に妊娠した時には、がんがんお酒も飲んでましたし、受精卵の事なんか頭にもありませんでしたから、きっと普通に生活していれば大丈夫ですよん。

妊娠超初期の周期を分かりやすく図で紹介

妊娠の仕組みが頭に入ったところで、妊娠週期についても説明しておきたいと思います。何故なら私はよおくこの数え方で躓いていましたから!

着床した瞬間から姙娠が成立ならば、そこから姙娠1週、と数えてもよさげな気がしますが、そうではないんですね。何でだかは知らないのですが、姙娠週期は生理が開始した日にちから第0週として数えます。生理の間は科学的にいうと姙娠してないのですが、妊娠0週なんて、変な感じしますが、そういうもんだと割りきってみましょ!

妊娠0週 生理開始日~6日目
妊娠1週 生理開始後7日目~13日目
妊娠2週 生理開始後14日目(排卵&受精するかも!)~20日目
妊娠3週 生理開始後21日目~27日目(着床、めでたく妊娠成立したかも!)
妊娠4週 生理開始後28日目(生理予定日0日目でもある)~34日目
妊娠5週 生理開始後35日目~。。。。続く!

 

ふぅむ、、、、言葉でもピンとこないって!?
フフ、何をかくそう、私もそのタイプですから、頑張って図にしてみたですよ!

じゃん!

 

姙娠周期を妊娠0週目から妊娠5週目まで、まとめた図。排卵日、着床出血、妊娠成立について分かりやすく表示

 

この図にありますように、妊娠2週目から妊娠3週目にかけて起こる着床後から妊娠4週目までの間の事を妊娠超初期と呼びます。そして妊娠4週目からは妊娠2ヶ月と計算され、4週目以降は妊娠初期と呼ぶので、

ポイント:妊娠2~3週目から妊娠4週目の終わりまでにかけて起こる体のサインを妊娠超初期症状

と呼ぶわけなんですね~!

妊娠したい!!と切実していた私は排卵日の1週間後(生理開始から3週間後)ぐらいから、ほぼ毎回想像妊娠してましたから、熱っぽい、おっぱいが異常に痛い、なんとなく気持ちが悪い、食べ物の好みがかわった、匂いに敏感になった(もしかしてつわり!?)このぐらいの症状は朝飯前に出てました。実際に妊娠していた時に出ていた症状は、、あまり記憶にありません

妊娠関連本やネットでは次のような症状が妊娠超初期に現れる姙娠超初期症状だとして紹介されています。

まずは一番注意して観察して欲しい情報から行きますよ~~~!

妊娠超初期の代表的症状!着床出血

着床出血の解説

妊娠初期と超初期の体の変化はほぼ一緒なんですが、唯一違う事があります。それは着床出血。着床出血だけが唯一妊娠超初期だけに見られる妊娠のサインで、このサインが発生する確率は100人に2人だとか、はたまた30%(10人に3人)だとか、色んな説が転がっており、確実な数値ははっきりしてません。

私はといえば、全くありませんでした。周囲のママ友に10人ぐらい聞き込みしましたが、着床したと思われる日に突然めまいを感じてその後出血があったというママ友の体験話は、わずか一人。数値的には非常に少ない確率だと思ってよいと思います。

出血の理由

子宮に到達した受精卵は子宮壁にくっつく時、実は絨毛(じゅうもう)という根っこのようなものを子宮内膜に潜りこませて自分と子宮をしっかと結びつけているんです。単にくっつくだけではなく、この根っこをじわ~っと子宮内膜に侵入させる時に、子宮が傷ついて出血が出てしまうのですね。

着床出血の色合い

真っ赤な血だったり、おりものがピンクっぽくなったようなものだったり、うっすら茶色がかっていたりするようです。

着床出血の量

基本は少なく1日から5日ぐらいダラダラと続くケースもあるよう。ただあまりに出血量が多かったり痛みを伴う場合は異常妊娠の可能性もあるようですから、変だな、と思ったらすぐに産婦人科に行くようにしましょう!

その他の妊娠超初期、もしくは妊娠初期に現れる代表的症状

おっぱいが痛い

私は生理前になるとPMS(月経前症候群)がとーーーーっても酷いタイプでして、おっぱいは

「あーもう、絶対私妊婦!」

と誤認するするぐらい、張りまくってました。でね、本当に妊娠してた時は、何といつもより張りが少なかったんです。しかし周囲のママ友は、「そういえば、おっぱいの痛みがいつもと違ったわ!」という人が多くって、

乳首が常にたっていた
乳首がチリチリいたかった
おっぱい全体が熱をもってた
おっぱいがこれでもかっていうぐらい、腫れた
乳首が洋服て擦れるだけで痛かった

みたいな経験をされたようです。特に「乳首」が敏感になる人が多かったみたい。PMSの症状の一つとして、おっぱいは生理の2週間前(排卵直後)から生理まで続きますので、予定日を過ぎても痛みがひかないとか、増すような場合は、妊娠の可能性があるかもしれませんよ~!

ひどい眠気に襲われる

これは、私あったんですね~。眠いというか、だるいというか、なんかしんどくて、風邪かしらーと思うような症状もあったかも。仕事中も眠い、家に帰っても眠い、とにかくなんか横になりたいような、いいようのない眠気と戦っておりました。眠いなぁと思ったら、妊娠してる可能性もあるので、無理にカフェインを異常摂取したりしないほうがよいかもしれません。この時期にカフェインをとったからといって、影響する事は無いみたいですけれどもね!

熱っぽさを感じる

妊娠超初期症状に風邪にような寒気を感じる様子

ありましたありました。眠気と一緒にゾクゾクと寒気を感じて、何やら熱っぽい。実際測りはしませんでしたが、あの時は風邪だと思っていました。妊娠と気付かずに風邪だと思う妊婦さんは、意外に多いみたいです。この熱っぽさの理由ですが、基礎体温を測っておられる方ならご存知だと思うのですが、生理から排卵するまでは、低温期といって、体温は低めです。

そして排卵の後にはプロゲステロン(黄体ホルモン)という、妊娠お助けホルモンがどばーと放出されます。このプロゲステロン(黄体ホルモン)は子宮の内膜を厚くしたり、体温を上昇させたりして、受精卵が着床しやすい状態を作るんです。上手く受精卵が着床するとこのホルモンは妊娠を続行させる為、出続けますから体温は高温状態をキープ、結果として体温が普段より高いため、熱っぽさやだるさ、寒気を感じるんですね。

プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量は不妊にも影響しますから、大切なホルモンとして覚えておくといいかもしれません。

喉の乾き

これは、私は感じませんでした。体温の上昇に伴い、喉が乾きやすくなる、という説なのですが、わたし、常に水分補給を心がけていますので感じなかったのかもしれません。あ、水分補給は妊娠しやすい体づくりに役立つかなと思って、やってました。

水分がしっかりとれている

排泄も規則正しく出る

体が元気になる。

という自己流メカニズムで!

つわりの前兆!?嗅覚、味覚の変化

「うっ、ちょ、ちょっと失礼します!」

トイレの洗面所でワナワナと震える女性のワンシーン。恐るべし、つわり。この3文字を聞くだけで、私も背筋に寒気が走ります。

何とこのつわりってやつ、実に妊娠超初期にあたる妊娠わずか4週目から始まってしまうアンラッキーな女性もいるというではないですか!ただ、さすがに突然げろーっと吐いてしまうというよりは、何となく匂いに敏感になったり、いつも美味しいと思っていたものが、味気なく感じられたり、つわりの前兆的ものを4週目頃から感じだして、悪化していく、ようなケースが多いみたいですね。

つわりについては、「つわり いつ終わるか」「つわり 改善」「つわり もうやだ」「つわり 異常」「つわり 鬱(検索ワードも日に日に悪化していく、汗)」と、私も毎日のように検索かけてましたから、近いうちにつわり解消法については、ちょこちょこまとめて、今現在苦しみの局地におられるプレママの為に公開したいと思います!

今もし、ちょっとつわりかな、、、と思っているあなた、赤ちゃんが最初の頑張りを見せてる証拠なんですよ!赤ちゃんだって、豆みたいな状態だっつうのに、必死で頑張ってるんですから、あなたも負けないで~~~!

すでにつわりが始まっているプレママ様はこちらのブログがお助けになれば!→徹底追求!つわりを楽にするビタミンB6。摂取量は?過剰摂取の危険性は?

お腹の調子が変

便秘になる。下痢になる。胃がむかむかする。お腹の不調も妊娠超初期に出る体のサイン。

私の場合は、下痢になっていました。しかしながら、生理の時もよくお腹を壊していたので、PMSの症状かと思ってあまり気にしておりませんでした。

着床後には、プロゲステロン(黄体ホルモン)がどばーっと放出される事を述べましたが、こやつが体内の代謝を下げて腸の動きを鈍らせるせいでお腹の調子に影響が出るのですとか。

ホルモン変化による肌&感情トラブル

繰り返しいいますが、妊婦の体では今までにないぐらいのホルモンの大量放出で、体はお祭り騒ぎな状態なんです。プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン、この妊娠を持続させるありがたや~ホルモンである反面、お肌や感情面に大きな負の影響を与える場合が!

にきび
乾燥肌
涙もろい
イライラする
感情的になる
頭が痛い

こんなPMSに似ている症状を引き起こすのですね。
私は未だに覚えているのが、いつもならば全く気にならないような仕事の事が気になって全く眠れず、朝までもやもやとした状態、というのが暫く続いてたのが、ちょうど妊娠4週目頃。今、当時を振り返ってみると、何であんな事で悩んでいたのかさーーっぱり、謎!
これもホルモンってやつの仕業だったのかもしれませんね!恐るべし、妊婦とホルモン!

腰が痛い

ホルモン放出は、プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲンだけにとどまりません。出産に向けて骨盤やじん帯を柔らかくするホルモン、その名も「リラキシン」というホルモンも放出されます。
リラキシンで骨盤ゆるゆるリラックス~♪

みたいな優しい響きがしますねぇ。妊娠したばっかりだというのに、もう出産の準備までしてしまうとは、女性は体からして用意周到な生き物であります。

このリラキシンが赤ちゃんが骨盤を通りやすいように、骨盤の関節をゆるめる働きをするのですが、周囲の筋肉は緩まった骨盤を支えようと頑張るせいで腰痛につながってしまうらしいのです。

安全に出産するためのホルモンとはいえ、腰痛はつらいし、長引くと歩けなくなったりとか深刻な問題にもなります。高齢出産の女性は特に腰痛経験者が多いようで、私も腰痛では産前、産後ダブルパンチで結構苦しんだタイプです。。。
ストレッチで筋肉を鍛えたり、骨盤ベルトでサポートしたり、対策は色々ありますので、またいつかまとめさせていただきますね!一緒に頑張りましょう!

まとめ

それでは最後にまとめておきます!

  • 妊娠兆候はいつから出てくるかというと、生理が開始して約3週間後の着床後から出てくるケースがある
  • この着床後から次の生理の予定日の1週間後は妊娠週期でいうと、妊娠3週から4週にあたる。この間に起こる体のサインを妊娠超初期症状と呼ぶ。
  • 妊娠超初期症状として多くの女性が経験する体のサインは、着床出血(これは唯一、着床後に起こる出血なので、注意して観察するべき!)、おっぱいの痛み、眠気、熱っぽさ、喉の乾き、嗅覚や味覚の変化、便秘、下痢、胃痛などのお腹の不調、にきびや乾燥肌など肌トラブル、イライラ、不安、憂鬱など感情のトラブル、腰の痛み、などが挙げられている。

着床出血と思われる出血なんかがパンツに付いてた日には、速攻妊娠検査薬しちゃいたくなる人(←私)もいるとおもうのですが、妊娠検査薬が反応するホルモンの量が少なすぎて、反応が出ない事が多いので、我慢して生理予定日の最低1週間後までは待ちましょうね!

どうか、今このブログを読んでいる、「もしかして、私、妊娠したかも!」というプレママ予備軍の皆様のお腹に、可愛いベイビーが待ち受けていますように!!!

スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

『仕事と育児を両立する2歳児のママ。毎日キラキラ生きてます!』と言いたいところですが、現実はキラキラのキの字も見えません。保育士のナニー様に支えられながら、何とか人の母として生息中。『高齢ならではの妊娠や育児に関する悩みをスッキリ解消できる記事』を心がけながら、非常にのんびり記事を書いております。