排卵検査薬マスターに聞け!値段は?おすすめは?正しい使い方は?

排卵検査薬の値段、選び方、正しい使い方をアドバイス
The following two tabs change content below.

40まま

『仕事と育児を両立する2歳児のママ。毎日キラキラ生きてます!』と言いたいところですが、現実はキラキラのキの字も見えません。保育士のナニー様に支えられながら、何とか人の母として生息中。『高齢ならではの妊娠や育児に関する悩みをスッキリ解消できる記事』を心がけながら、非常にのんびり記事を書いております。

こんにちは〜!高齢出産万歳、40ままでっす!

妊娠したいなら、絶対に知っておくべきなのが、自分の排卵日。

私はお恥ずかしながら、37歳という年になるまで、排卵日を狙ってセックスしなくてはならない、という事実を知らず、かなりの時間と体力を無駄にしてしまいました。

きっとこのブログに来たあなたは、私よりも数段賢く、排卵検査薬が排卵予測には最適だという事をすでに知っているものの、使いやすいおすすめの検査薬はどれか、値段は高い方が正確なのか、安くても正確なのか、尿をカップに取って検査するべきなのか、はたまた尿を直接しゃーとひっかけるタイプでも正確に反応が出るのか!?という色んな疑問に対する答えを求めているのではないでしょうか!?

ううう、分かります、分かりますよ!!その気持ち!!!

私もね、数種類の検査薬、値段の安いものから高いもの、リトマス紙からデジタル検査薬まで幅広く使ってきて、今や(自称)排卵検査薬マスター!

そこで今日は検査薬セレクションでお悩み中のプレママに向けて、自分にあった検査薬の選び方(お値段、判定のわかりやすさについて)、私がおすすめする検査薬、そして正しい使い方について、僭越ながらアドバイスさせて頂こうと思います!

ほんじゃ、いくばい!

検査薬選び方:お値段について

私が安いものも、高いものも試した結論。

高額な検査薬の方がよかった!

何故か理由を説明しますね。

安い検査薬だと『感度』が悪い可能性もある

排卵検査薬の仕組みは結構シンプルで、尿の中にあるホルモンに反応します。

このホルモンは『黄体形成ホルモン(別名LHとよばれます)』と呼ばれていまして、このホルモンが排卵を促します。

排卵の直前には、黄体形成ホルモン(LH)がドバーーーッと大放出される現象が起こりますが、これを検査薬がキャッチして

『ちょいと、あんた!黄体形成ホルモン、めっちゃ出とる!もうすぐ排卵するばい!』

と教えてくれるわけです。

高い検査薬や、日本製の商品ならば、この黄体形成ホルモンに反応する感度はしっかりしてると思います。

しかしネットでは海外から販売されている、安さを売りにした検査薬が出回っていて、その中には感度が悪いものもあるらしいので、そこは気をつけた方がいいと思います。

アメリカではありがたい事に、安くて信用できる検査薬が沢山販売されています。

もしアメリカから個人輸入する時には、必ずFDA Approvedと99% accurateという表示があるものを選ぶようにしましょう!(もし迷ったら、私にメールしてくださいね、悪い商品かどうか、見分けれると思います!)

私もちなみにこの安い検査薬を一番初めはトライしました。だって、検査薬って、結構バカにならない値段なんですもの。。。主婦には痛い出費だってのよ。

検査薬選び方:わかりやすさについて

検査薬で、私が非常に不便を感じたのは陽性判定か、陰性判定かの判断をする時。

初心者は判定がわかりにくい検査薬を避けた方がベター

私が一番初めにトライしたのは、Amazonで一番レビューがよかったEasy@Home 25 Ovulation (LH) Urine Test Strips という、リトマス紙のようなStrip(日本語でストリップ、といいますかね?)をカップに取った尿に浸して検査するタイプのものでした。

25本ストリップが入っていて、お値段が10ドルぐらいだったので、一回の検査費用がわずか5セント(50円)以下という値段に大きくひかれてしまいまして。。。

しかしですね、私は人一倍不器用なたちで、おしっこをカップで取る作業もさながら、小さなストリップを、つまんで、浸して、水平に並べる作業、全てまごまごしてスムーズにいかんのですよ。

器用な方は、このストリップで問題ないと思われますが、排卵検査薬初心者&ウルトラ不器用な私には不向きだったようです。

そして、この検査薬の致命的な問題は、

検査結果が陽性なのか陰性なのか、物凄くわかりにくい

検査薬を使った事がある方はおわかりだと思うんですが、通常の検査薬では、1本のラインが初めに表示されていまして、尿を浸した後にもう1本表示されるラインがこの初めに表示されたラインと同じぐらいくっきりしていると陽性だと判定します。

しかし、このリトマス紙タイプの検査薬、くっきりラインがどのぐらいくっきりすれば陽性なのか、さっぱりわからんのですよ!

排卵検査薬陽性か陰性か悩む

初心者は絶対悩むであろう2本ラインの判定結果

それでもまあ諦めず、毎日テストしていると、このうっすらとしたラインがだんだんくっきりしてきて、『おお、これがはっきりしたラインか!』とコツが掴めてはくるものの、検査薬初心者にとっては、つくづくハードルの高い検査薬だと思うのです。

デジタル排卵検査薬が超おすすめな理由

判定結果の分かりにくいリトマス紙にはグッバイして、その後数種類の検査薬を購入しました。

どの検査薬もしっかりとプラスティックの容器に入っちゃって、見た目はペラペラ、貧乏くさいリトマス紙の風体からアップグレードして偉そうになっちゃって、おしっこもひっかけやすくなっちゃって、ルンルン検査してたんです。

でも検査結果の部分は、やっぱりリトマス紙なのですよ!

リトマス紙からアップグレードした排卵検査薬

おいおい、この世の女子は毎月こんな分かりにくいダブルラインで排卵予測するしか術はないのかね!

私の心の共、A子に悩みを愚痴っていたところ

『あんた、デジタル検査薬、つかった事ないの?めっちゃいいわよ。もう使わなくなったから、あげるわ!』と、たっぷり未使用のClear blue(クリアブルー)というデジタルタイプの検査薬をプレゼントしてくださったんです。

デジタル検査薬、使った事ないしなんか面倒臭そうね、と思ってたんですが、まあ試しに使ってみたわけです。

そしてその日以来、私はクリアブルー以外の検査薬を使ったことがありません。

もうクリアブルーの信者。

何がいいかっていいますと、

検査結果がはっきりわかる。素人でもわかる。

これにつきます。

 

クリアブルーは検査判定を、あのわっかりにくい2本ラインではなくて、なんとニコちゃんマークで『もうすぐ排卵するわよ!やったね!』(とは言わないけど)知らせてくれるのですよ!

疑心暗鬼で検査したものの、

検査開始後3日目でほんとにペッカーと現れたニコちゃんマーク!

クリアブルーデジタル排卵検査薬は使いやすい

ニコちゃんマークで排卵がわかるのって、非常に感激であります。

こ、こんなに簡単に陽性判定がわかるとは!科学は進歩した!

あの感動ったら忘れられません。

あの2本のラインをじっとり眺め、陽性か陰性か、判定に悩んでいた日々は、何だったのかね!?!?

上部の写真の下に、2本ラインが表示されたスティック、ありますよね?通常はこれを人間の目で見て判断するんですが、このデジタル排卵検査薬は、このスティックをリーダー(判定を確認してくれるデバイス)に差し込んで、陽性か陰性かを判断してくれるんですよん。

もう、他の検査薬、(特にあのリトマス紙)には戻れない。。。

ってなわけで、速攻薬局に走りましたが、これがお高くて20本で30ドルもしやがる。って事は1本1.5ドル(約150円)。1本50円以下のリトマス紙の約3倍、主婦には痛い出費ねぇ。

『でもでも!もうこれから、あの2本ラインで悩まなくていい!』と思いながら思い切って大人買いしたのを覚えています。

英語の言い回しで、安い買い物をして後悔した時に、you get what you pay for(直訳:払ったお金に値するものしか結局手に入れられない)という表現をしますが、そうなのです、安い商品は安いなりの理由が、高い商品にはそれなりの理由があるのです。

あなたが私と似たような、面倒くさがりの癖に(楽して結果を知りたい)、結構几帳面な性格ならば(でも結果は正確じゃなきゃ、嫌!)、財布には優しくなくてもあなたに優しいデジタル検査薬をチョイスしておけば後悔はないはず!

クリアブルーと、似たデジタル検査薬は日本製のもので、チェックワンLHデジタルというものが発売されているみたいです!

排卵検査薬の正しい使い方

排卵検査薬を初めて使用した時に、私が疑問に思っていた事は4つありますので、ここにその答えをまとめてみました!

1. 検査を開始するタイミング

排卵は大体生理の2週間前、というのが定説となっています。

なので生理が規則的な人と不規則な人の場合では排卵検査の検査を開始するタイミングが変わってきます。

生理が規則的な人の場合

生理が規則的だと排卵日も予測しやすいので、まずは排卵予測アプリなどで大体の排卵日を予測してから、その予測された排卵日の最低5日前ぐらいから毎日検査するといいと思います。

私は生理が規則的なタイプでしたが、それでも一番初めに排卵検査薬をトライした月は、生理の直後から毎日検査をしてみました。

生理が不規則な人の場合

生理が不規則だと排卵日を予測する事が難しいので、生理が終了した直後から毎日検査するのがいいと思います。

検査薬は毎日使うとそれなりの費用となるので、躊躇すると思うのですが、排卵を的確に知る為にも、初めの数ヶ月は毎日検査して排卵のタイミングを知る事はとても重要です。

私は生理が規則的なタイプでしたが、それでも一番初めに排卵検査薬をトライした月は、生理の直後から毎日検査をしたもんです。

そして大体生理の2週間〜3週間前の間に毎月排卵検査で陽性サインが確認できていたので、それからは大体の排卵予定日の5日前ぐらいから検査開始していました。

2. 検査する時間について

検査する時間について、ネットで調べますと沢山の情報が出てくるので、かなり困惑しました。

あるサイトでは、『朝1番の尿はよくない』と言われているのに、あるサイトでは『朝1番の尿で検査してください』と言われている。はたまた検査薬の使い方には『1日のうちいつでも良い』と書いてある。

一体どの情報を信用したらいいのか全くわからなかったので、私は産婦人科の担当医に聞いてみました!

彼女曰く、『朝1番の尿を初めの3秒間出した後』に検査するのが良いとの事。

おしっこを3秒出して、止めて、カップに採尿するのは結構難しかったので、私は3秒経ったぐらいの時にスティックを出して直接尿をかけて検査しておりました。

色々意見が分かれているようですが、どの情報源でも『毎日決まった時間に検査するように』と言われているので、朝でもお昼でも、時間を決めて検査しましょう。

時間を決める事で、うっかり検査を忘れてしまう事も防げて一石二鳥であります!

3. 尿をカップにとるか、直接かけるか?

カップで採尿しても、直接かけても、検査結果には変化はないようです。

私は採尿が苦手だったので(一回つるっと手が滑って尿を床にぶちまけてからトラウマになりました)、直接尿をひっかけて検査していました。

気をつけたいのは、尿を浸す、もしくはかける時間を、きっちりと定められた時間で測定する事です。

この時間が長すぎたり、短すぎたりすると、正確な結果が得られない事があるので、気をつけましょう!

4. 検査前に水分を摂りすぎない事

これは私の疑問点ではなかったのですが、知っておくといいと思うので補足的に挙げてみました。

検査前に水分を摂りすぎると、尿中の黄体形成ホルモンの濃度が低くなり陽性反応が得られない場合があるらしいのです。

アメリカの検査薬の説明書には、検査前の2時間は、水分の摂取を控えるように、と書かれているものもあったので、この理由からも私は朝1の尿で検査するのを(3秒後のね)個人的にはオススメします。

まとめ

さてさて、本日は、排卵検査薬について、選び方のポイントと正しい使い方を偉そうにアドバイスしてしまいましたが、ちょっとでもプレママ様たちの疑問を解消するお手伝いが出来ましたでしょうか?

排卵検査薬は、毎月安くて500円、高くて3000円程の出費にはなるものの、99パーセント以上の確率で排卵を予測してくれる、非常に便利な妊活中には必須のアイテムだと私は思っています。

便利なアイテムをどんどん有効利用する事で、1日も早く1人でも多くのプレママさんが子宝に恵まれますように。。。

本日も読んでいただいて、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク




2 件のコメント

  • たまたま40ママさんをネットで見つけました。読ませていただいてから、本当に元気をいただいています。気持ちがどん底でしたので、本当にありがとうございます。

    結婚2年目、今妊活中36歳です。
    主人は43歳、仕事の疲れからか、性生活はあまり無いです。
    子供がほしい…妊活で心が病みました。
    今少し前向きになれたので、落ち込みから、妊活から少し離れてみます。

    転勤で寂しい私は夫にべったりでしたが、少し離れてみようと思います。

    これからも拝見させていただきます。ありがとうございました。

    • マイコさん、返事が大変遅くなってしまいまして、メールを差し上げましたがここでも返信しておきますね。私のブログでちょっとでも明るい気持ちになれたなら、とても嬉しいです。ストレスや悩みを抱えて生きることは何よりも辛いものです。旦那様にべったりなのも、旦那様にストレスを与えてしまうので、まずは自分が好きになれる趣味に没頭してみてください。もしくは走ること!私はもやもやしたらすぐに走るようにしています。体を動かしていると悩みは不思議と忘れてしまうものです。一度妊活から離れて、旦那様と2人でいれる時間をゆっくりエンジョイしてみてくださいね。子供ができたらできたで、喧嘩ばかりになってしまうので、ははは!頑張ってくださいね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    『仕事と育児を両立する2歳児のママ。毎日キラキラ生きてます!』と言いたいところですが、現実はキラキラのキの字も見えません。保育士のナニー様に支えられながら、何とか人の母として生息中。『高齢ならではの妊娠や育児に関する悩みをスッキリ解消できる記事』を心がけながら、非常にのんびり記事を書いております。